通信制高校とは

「高卒認定」と「高卒資格」のちがい

「高卒認定試験」について

高卒認定試験は、正式には「高等学校卒業程度認定試験」と呼び、さまざまな理由で、高校を卒業できなかった人の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した人と同等以上の学力があるかを認定するための試験です。
高卒認定試験に合格すれば、大学・短大・専門学校の受験資格が与えられますが、進学した後に中退するようなことがあれば、「中学卒業」が最終学歴になります。最終学歴を「高校卒業」としたいのであれば、全日制・定時制・通信制などの高校を卒業する必要があるということを認識するようにしましょう。
※履歴書の学歴欄には「高等学校卒業程度認定試験合格」と書くことはできます。
 
旧制度の「大学入学資格検定制度(大検)」は、主に進学するための資格としての活用にとどまっていましたが、高卒認定制度になってからは、進学のみならず、資格取得のための検定試験や就職試験にも活用が可能になりました。
 
高卒認定は16歳以上の高卒資格のない人が、8月上旬・11月中旬に実施される試験に合格すると資格が与えられます。ただし、18歳以上にならないと合格の効力は生じません。
 
出題は、基本的に4つの解答の中から正解を選ぶマークシート方式。8科目すべてに合格することで高卒認定合格となります。一度に8科目合格する必要はありません。合格した科目については「科目合格」となり、次の試験からは免除になります。試験は年2回実施されますので、科目を分けて受験対策することもできます。また、年度をまたいでの受験も可能です。
とはいえ、自分で計画を立てて勉強していく計画性や主体性が必要で、合格のハードルが高いことは事実です。

「高卒資格」の資格以上の意義

「高卒資格」の資格以上の意義

「高校卒業資格」を得るということは、単に高校で学習する内容を理解したという学力の証明だけではなく、高校生活における特別活動や友人・先生との交流を通して社会性も培ってきたという証明でもあるのです。
高校生活からは、かけがえのない人生経験が得られます。学校の仲間と交流を持ち、ともに学ぶというのは、とても有意義で、それ以上に楽しい経験です。
 
特に、通信制高校は、登校日数が少なく、全日制や定時制と比較して学費負担も少なくて済みます。「高卒資格」を得る手段として、選択肢の一つとして検討に加えることをおすすめします。

「高卒認定試験」との併用~NHK学園でできること~

高卒資格取得への切り替え

これまで「高卒認定資格」を目指してきたけれど、やはり「高卒資格」が欲しいという場合、「高卒認定試験」で合格した教科・科目については、修得単位としてある程度まで認められ、履修を免除することができます。これまでの成果を生かし、少ない負担で、「高卒資格」を目指すことができます。

高認試験資格取得への応用

「高卒認定試験」を受けているけれど、合格できない苦手な教科・科目があるという場合、
NHK学園に入学し、苦手な教科・科目だけ履修して単位を修得すると、「高卒認定試験」の科目受験免除を受けられます。免除を受ける場合には、「高卒認定試験」出願時に手続きが必要です。

お気軽に
お問い合わせください

NHK学園について、通信制高校について、知りたいことがあればお気軽にお問い合わせください。

入学案内・募集要項を郵送でお送りします。

個別相談ではご事情を伺いながら最適な提案をします。