安心の生徒サポート

高校生活を順調に送っていただくために、N学では「総合教育相談・学習支援センター」を設置しています。
生徒の抱える課題はもちろん、保護者のさまざまな悩み、生活環境の問題をかかえる課題を共に考え卒業へ向けて総合的にサポートします。

多様なスタッフが生徒の個性に合わせてサポートします

N学の教職員は、個性豊かな人材が揃っています。生徒一人ひとりに異なる個性があるように、共に歩む教職員も多様であることが重要です。現在、心理・福祉分野の資格を持つ教職員が、クラス担任に就きながらまたは専属で皆さんのサポートにあたっています。

スクールカウンセラー

こころの問題に対応します。東京本校の他、札幌・仙台・大阪・福岡の‘まなびや’でも皆さんを待っています。

スクールソーシャルワーカー

生徒を取りまく生活・社会環境の相談・調整を一緒に行ないます。

特別支援学校教諭免許保持者

障がいのある方へのサポートを考えます。

養護教諭

身体とこころの健康を支える保健室の先生です。

『総合教育相談・学習支援センター』が安心して学校生活を送れるようサポート

『総合教育相談・学習支援センター』が安心して学校生活を送れるようサポート

「学びたい!」という思いで入学する皆さんの「安心」に満ちた学校生活を支えたい…。その思いで、2016年4月『総合教育相談・学習支援センター』を東京本校に設置しました。

複数のスクールソーシャルワーカーが生徒の皆さんと共に考え、必要な時には専門機関など外部の力も借りながら、高校卒業までをサポートしています。

全国どこからでも電話相談を受け付けています。

保護者との連携

保護者との連携

年3回、未成年の生徒の保護者のみなさまへ「保護者だより」をお送りし、通信制高校での学習の進め方、単位認定や進級に関わる情報の共有に努めています。
また、「保護者会」をスクーリング会場ごとに開催し、教員との連携、保護者間の情報交換を図っています。