<スタンダードコース>

学費の分割納入シミュレーション

学費は年度ごとに2回の分割納入。就学支援金の申請で、家計への負担がより軽減されます。

①入学時

入学金 ※推薦入学の場合は免除

35,000円

施設設備充実費

10,000円

教育運営費

20,000円

生徒会費

2,000円

教材費

1科目2,000円程度

教材送料

1,100円

68,100円+教材費

②その後(受講料)

※24単位の場合
※入学日が4月1日の場合

世帯年収の目安 〜約590万円の場合

0円

世帯年収の目安 約590万円〜約910万円の場合

172,512円

世帯年収の目安 910万円以上の場合

288,000円

受講料請求時までに就学支援金請求金額が決定していない場合は、一旦、受講料を全額お支払いいただきます。支給額が決定次第、生徒が指定した口座に就学支援金を振り込みます。
学習開始の手続きの完了が12月以降になる方は分割納入の対象となりません。
世帯年収が910万円以上の場合は対象とならない場合があります。
過去高等学校等に在籍していた場合、支給額が異なったり、在学途中で満了する場合があります。

3年間の学納金モデル

入学金
35,000円

推薦入学の場合は入学金35,000円が免除されます。

学納金

1年次生
(24単位履修)

2年次生
(26単位履修)

3年次生
(24単位履修)

受講料(1単位12,000円)

288,000円

312,000円

288,000円

施設設備充実費

10,000円

10,000円

10,000円

教育運営費

20,000円

20,000円

20,000円

生徒会費

2,000円

2,000円

2,000円

合計

320,000円

344,000円

320,000円

「ネット学習海外コース」は、教材を海外に送る場合、別途通信費用(実費)がかかります。
上記のほか、教材費が1科目あたり2,000円程度(実費)、教材送料1,100円(年額)が必要になります。

「高等学校等就学支援金」を受給した場合の
実質的な負担額(1年次の場合)

学納金
320,000円

おおよその年間所得に応じた
就学支援金

=

実質ご負担額

世帯年収の目安 〜約590万円の場合
288,000円の支援

32,000円

世帯年収の目安 約590万円〜約910万円の場合
115,488円の支援

204,512円

世帯年収が910万円以上の場合は対象とならない場合があります。
過去高等学校等に在籍していた場合、支給額が異なったり、在学途中で満了する場合があります。
上記のほか、入学金、教材費、教材送料が必要です。

(2020年9月現在)

「学びたい」を実現するNHK学園独自の制度

NHK学園には学ぶ意欲を応援するNHK学園オリジナルの奨学金「N学奨学金制度」があります。
また、学費は分割納入なので一時にかかる負担が少なくて済みます。