スクールミッションおよびスクールポリシー・学校評価

スクールミッション

NHKと連携し、放送やインターネットなどの多様なメディアを利用することで、
学ぶ意欲と高校卒業の意思を持つ人に、「いつでも、どこでも、だれにでも」学ぶ機会を提供し、
自立して未来を生き抜くための基盤となる力を身につけていく学校

スクールポリシー

グラデュエーションポリシー(育成をめざす資質・能力に関する方針)

私たちは、本校に入学した生徒一人一人に、以下の資質・能力を育んでいきます

  • 基礎・基本の学力(知識・技能)と生活習慣、自学自習の学習スタイル
  • 自分で考え、選択し、表現できる力(主体的に思考・判断・表現できる力)
  • 自分を理解し認めることができる力(自己理解と自己肯定の力)
  • 他者を理解し尊重できる力(他者への想像力と共感力、寛容の精神)
  • 社会の中で自らの役割を見出し、多様な人々と関わり協同できる力(社会性とコミュニケーション力)

カリキュラムポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

私たちは、以下の方針に基づいて教育課程を編成します(「学びの内容」)

  • 基礎・基本となる学力が身につく科目を中心に編成すること
  • 主体的な学びを促し、コミュニケーション力を高めるための学校独自の科目等を設けること
    (「総合的な探究の時間」の拡充、メディアリテラシーとコミュニケーションスキル)
  • 生徒が「やりたいこと」に出会えるよう、その多様なニーズ(多様な選択)に応えられる学びの場を提供すること
  • 生徒が自己理解にもとづき積極的に進路を選択、決定できるよう、さまざまな指導機会を設けること

私たちは、以下の点に特に力を入れて教育活動を実施します(「学びの方法」)

  • 「自学自習」を実現するために、「NHK 高校講座」視聴、レポート課題、スクーリング、オンライン支援を効果的に結びつけた指導計画を策定・明示して、生徒を指導すること
  • 生徒の自由を尊重しつつ、オンライン学習システムも活用して、生徒一人一人の学習活動を的確に把握し、対面やオンラインでの「声かけ」と「見守り」を通じて学習継続を支援すること
  • 日常のレポート課題、年度途中の学習効果測定、さらに定期試験を通じて、学習意欲を引き出す適切な評価をすること
  • 生徒を取り巻く環境に目を配り、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーとも連携して、チームによる学習支援を推進すること

私たちは、以下の点に力を入れて教育方法の改善を図ります(「新たな学びの開発」)

  • ICTの更なる活用や NHK の番組制作者との更なる連携によって、個別最適な学習指導・支援のための新たな方法を開発すること(学習ログの活用など)
  • 広域通信制ならではの全国の生徒がつながることができる教科指導や特別活動の新たな形を開発すること

アドミッションポリシー(入学者の受け入れに関する方針)

私たちは、以下の内容を満たした生徒といっしょに学んでいきます

  • 学びたい、高校を卒業したいという意欲と意思があること
  • 放送やネットを活用した本校の自学自習の学習の形を十分に理解し、それに取り組む意思があること
  • 他者を尊重し、多様な価値観を認め合おうという気持ちがあること

学校評価

より良い学校運営のために、生徒や保護者へのアンケート結果などをふまえ学校評価を実施しています