新・書道中級

さまざまな古典に接して変化に富んだ書に親しみ、技の引き出しを増やします。

提出回数
6回
受講期間(リポート受付延長期間)
6か月(6か月)
受講料(税込み)教材費・教材送料・指導料込み
24,440円
レベル
初級者

「新・実力がつく書道」での学習を終えられた方、筆に親しまれている方向けのコースです。 この「新・書道中級」と「新・書道上級」ではさまざまな古典に接して、技の引き出しを増やします。ご自分の好きな古典、めざしたい字を模索するのにもぴったりです。 テキストには古典の手本のほか、石飛博光(漢字)・土橋靖子(かな)両先生の古典臨書も並べて掲載。当代一流の手本で学べます。

この講座のポイント

課題の選び方によって、漢字を中心に、かなを中心に、もしくは両方をバランスよく学ぶことができます。

1

さまざまな古典から美の規範を学ぶ

長い歴史のさまざまな審美感の中を生き残ってきた古典(古筆)は書の美の規範です。このコースでは、漢字では楷書・行書・草書・隷書、かなでは「粘葉本和漢朗詠集」「関戸本古今集」「針切」「寸松庵色紙」と、さまざまな古典に触れ、変化に富んだ書に親しみます。

2

当代一流の書家による古典臨書も参考に

テキストには、古典からの手本と並べて、漢字は石飛博光、かなは土橋靖子両先生の臨書手本を掲載しています。現代書壇を代表する書家であるお二人の古典臨書も参考に臨書に取り組んでください。

3

創作作品づくりにも挑戦!

最終回課題では、それまでに学習した内容を踏まえて、半紙に4字もしくは5字の漢字の創作、俳句や和歌のかなの創作にチャレンジします。テキストには、ヒントも掲載していますので、それらを参考にオリジナルの作品づくりを楽しみましょう。

4

実力確認と目標づくりに活用できる「書道検定」

NHK学園では年に6回、書道・ペン字検定を実施しています。ご自分の力量を客観的に把握し、普段の学習の成果を確認する場として、通信講座と並行して役立てることをお勧めします。書道講座の受講者にお届けする機関誌「書」に初回受験用の課題や申込書がついています。

5

スクーリングや書道展で直接指導や仲間との交流も!

毎年夏に開催する「書道スクーリング」では経験・レベル・学習内容に応じた多彩なクラスで講師から直接実技指導を受けられます。また、東京都美術館で開催する「NHK学園生涯学習書道展」は貴重な作品発表の場です。

こんな課題に取り組みます

長い歴史の中で高い評価を得ている書を「古典・古筆」といい、それをお手本にして書くことを「臨書」といいます。
「新・書道中級」では、漢字は楷書の古典「雁塔聖教序」、行書の古典「集王聖教序」、草書の古典「書譜」、隷書の古典「曹全碑」を学びます。草書の字形の変化や省略、より古い字体で特徴的な運筆の隷書を学び幅広く経験していきましょう。
かなでは変体仮名を交えた学びに入ります。端正な「粘葉本和漢朗詠集」、躍動感に富んだ「関戸本古今集」では連綿と多彩な線の表現を、「針切」では直線的な線の美しさと墨の潤滑を、「寸松庵色紙」では散らし書きの構成を学びます。
第1回~第4回の臨書手本と第5回の漢字かな交じりの手本は石飛博光(漢字)、土橋靖子(かな)両先生の執筆によるものです。

<第1回課題>「雁塔聖教序」「粘葉本和漢朗詠集」

<第1回課題>「雁塔聖教序」「粘葉本和漢朗詠集」

<第2回課題>「集王聖教序」「関戸本古今集」

<第2回課題>「集王聖教序」「関戸本古今集」

<第3回課題>「書譜」「針切」

<第3回課題>「書譜」「針切」

<第4回課題>「曹全碑」「寸松庵色紙」

<第4回課題>「曹全碑」「寸松庵色紙」

<第5回課題>漢字かな交じり

<第5回課題>漢字かな交じり

<第6回課題>創作

<第6回課題>創作

現代書壇を代表する書家・石飛博光先生

現代書壇を代表する書家・石飛博光先生

 手本執筆・石飛 博光 

北海道生まれ。東京学芸大学卒業。NHK Eテレ「書にきく禅語」出演。著書に『石飛流 書道の学び方』『書道創作入門コツのコツ』(ともにNHK出版)など多数。日展会員。毎日書道会理事。日本詩文書作家協会会長。創玄書道会会長。NHK学園書道講座手本執筆者。NHK学園生涯学習書道展審査員。

こんな添削をお返しします

NHK学園の実力派講師陣が朱筆を入れて、筆の動きを指導、他にアドバイスを書き添えてお返しします。

NHK学園の実力派講師陣が朱筆を入れて、筆の動きを指導、他にアドバイスを書き添えてお返しします。

 

 

※無料でお送りする「案内書」と同じものがご覧になれます(NHK学園のページを離れます)。

受講者の声・作品紹介

テキストには出典や書家、時代背景の解説があり、奥深さを知ることができます

わずかな年月ですが、書道塾の先生、あるいは塾の先生の先生の字を臨書してきました。NHK学園ではテキストをいただき、その回に学ぶ字の出典、時代背景や書家の解説があり、奥の深さを知るとともに親しみを覚えます。かなの書き方の「潤筆」「渇筆」「墨つぎ」の説明が大変参考になりました。

受講歴:

「新・書道中級」受講 

三重県   東 功さん

コースお申し込み

新・書道中級

漢字は、楷書・行書に加え草書・隷書も学びます。かなは抑揚に富んだものや連綿の長いものなど、バラエティー豊かな古典に挑戦していきます。さまざまな個性に触れることにより表現力がさらに身につきます。

提出回数
6回
受講期間(リポート受付延長期間)
6か月(6か月)
受講料(税込み)教材費・教材送料・指導料込み
24,440円
コース番号
1C008
教材

テキスト1冊、半紙セット、添削ノート1冊、機関誌(別送)