東京本校学園祭で、「未来の有名写真家」の作品が見られるかも!?

  • 総合

11月18日に迫った、東京本校学園祭には、協力校生の作品も展示されます。その中に、ぜひ注目していただきたい作品があります。

それは、今年9月17日、岩手県高総文祭写真展にて、最優秀賞と優良賞を獲得した、杜陵協力校2年次 菊地泰洋さん「35°の謎」と「彩りを想う」です。

出品数465点から、最優秀賞6点、優秀賞10点、優良賞17点、入選22点が選ばれました。菊地さんはダブル受賞となりました。

審査委員長の講評では、その画面処理の技術が、「こういう訓練が大切。将来中央の公募展、例えば二科展などに出品する際はこういう風な傾向をきちんと覚えておかないと入選しません。」とのコメントをいただきました。

このほかにも、文芸コンクールや放送コンテスト出品者の作品なども展示されます。一見の価値あり!

一覧に戻る