図書委員が朝日新聞の印刷工場を見学!

  • 東京本校

8月27日(月)、図書委員の生徒が朝日新聞を印刷している「トッパンメディアプリンテック東京・日野工場」を見学させていただきました。
ここは、日本ではじめて新聞のカラー印刷に取り組んだという、新聞印刷ではパイオニア的存在。今日でも、新聞社からデータを受け取り原版の製作から印刷まで、ほとんどの工程をロボットが行っている最先端の工場です。紙のメディアの世界でもスピードが重視されていることを生徒たちともども痛感しました。

~ 生徒の感想から ~
「新聞を刷るロール紙をロボット(自動搬送台車)が運んでいるところが楽しかった(事故を避けるのために音楽<明日があるさ>を鳴らしながら移動しています)」
「新聞が4色(赤・青・黄・黒)で印刷されるところが興味深かった」
「ベルトコンベアーで、印刷・梱包された新聞が運ばれるところが凄かった(そのまま、トラックまで運ばれます)」
「高速で新聞が刷り上がるところを見て、ワクワクした」
「ほぼ、自動で動く機械により新聞が印刷される場面を目の当たりにして楽しかった。テレビで見るよりも、迫力がすごかった」
「出荷までの時間が短く、効率的だと思った」

この見学については、朝日新聞(2018.8.28朝刊)の多摩版にも紹介されました。
お忙しいところ、ご案内いただいたスタッフの方々、ありがとうございました。

一覧に戻る