「夢をつかむ」~全国定通大会陸上競技部~

  • 総合

今年の夏に実施された全国定通制大会。

陸上競技部において100m2位、200m2位、4×100mリレー4位、4×400m4位と大活躍した仙田優太さん(3年)より手記がとどきました。

------------------------------------------------------------------------------

「夢をつかむ」

折尾愛真協力校 三年 仙田 優太

中学から陸上を始め、地元の高校に進学をして、全国大会出場を目指していましたが、病気が原因で高校も陸上も辞めてしまいました。

N学に入学をして、一年間は病気の治療に専念をしていましたが、心の中にはずっと陸上がありました。病気は徐々に回復をしていき、ある日心に閉まっていた陸上への想いを、担任の川合先生に相談をしたところ、陸上部顧問の盛田先生から「東京で走ってみないか」と声を掛けてもらいました。そこから体を鍛えなおし、東京都大会では予選を勝ち抜き、全国大会に出場をして好成績を収めることが出来ました。半ば諦めていた全国大会への夢を、N学で叶えることが出来ました。全国大会ではN学の多くの先生方に応援をして頂くと共に、陸上を通じて全国各地、沢山の仲間と出会えたことは私の宝物となりました。

また、折尾愛真協力校の先生方も、常日頃から親身に相談にのって頂いています。

今後は大学に進学をして、もう一つの夢である航空会社へ就職の夢をつかみたいと思います。


 

写真左:仙田優太さん

一覧に戻る