我孫子二階堂協力校で「普通救命講習」を実施

  • 関東

我孫子二階堂協力校では、命の大切さ・救急救命の大切さ等を感じ、理解してもらいたいということから、毎年、我孫子市消防本部の皆様のご協力の下、普通救命講習を実施しています。今年は、8月20日(日)に実施されました。講習では心配蘇生法、自動体外除細動器(AED)の使用法等、詳細な解説とともに、順を追って心肺蘇生法やAEDの操作などを実際に体験しました。

 一通り講習を終えた生徒からは「いざというときは講習での経験を生かして人助けをしたい。」や「命の大切さについて改めて考え、実感した。」などの感想が多くみられました。また、宿直明けに来ていただいた救急救命士と救急隊員の方たちに対しても感謝や尊敬の言葉を残した生徒もおり、“救急救命”の大切さを感じていたようです。

一覧に戻る