尾木ママの『N学特別講座』、名古屋で開催!

  • 中部

 8月5日(土)、尾木ママ(教育評論家で、N学アドバイザーでもある尾木直樹さん)を招いての『N学特別講座』が名古屋市にある名古屋大谷協力校で開催されました。

『N学特別講座』が東京本校以外で開催されるのは初めて、会場となった同校の洗心館多目的ホールには、猛暑の中、中京地区に住む生徒や保護者など130人ほどが集まり、会場はほぼ満席となりました。

テレビでもおなじみの尾木ママが登場すると、会場はそれだけで盛り上がる状況。テーマは、“学びという希望~通信制高等学校の意味~”。尾木さんの「一斉授業による教育は、日本の近代化に大いに貢献したが、それだけでは限界がある。一人ひとりに寄り添う教育の原点は、名古屋大谷高校の発祥でもある寺子屋であり、その寺子屋のスタイルを最も受け継いでいるのが通信制である」と、参加者を勇気づけました。

講演後の質疑応答も白熱した上、最後には尾木さんの発案で「フォトセッション」の時間がもうけられ、尾木さんと希望の参加者すべてと写真を撮っていました。

ふだんの講演は、1時間10分ほどという尾木さんですが、この日は2時間半も参加者と時を過ごしました。

一覧に戻る