NHK学園高等学校とは

NHK(日本放送協会)が1962年に設立した日本最初の広域通信制高校です。
なぜNHK学園が選ばれるか、その特長をご紹介します。

7つの特長

1

NHKが設立した日本最初の通信制高校

NHKが設立した日本最初の通信制高校

学校法人日本放送協会学園(当時)が誕生したのは昭和37(1962)年10月。 以来、放送を教育に利用する広域通信制高等学校として、多くの卒業生を社会に送り出してきました。
他校にはない歴史と伝統が、独自の教育ノウハウを育んでいます。

2

「NHK高校講座」視聴で登校日数を少なく

「NHK高校講座」視聴で登校日数を少なく

NHK「Eテレ」「ラジオ第2」で放送されている「NHK高校講座」と連動したカリキュラムを組んでいます。
PCやタブレットにも対応している教育システムを使うことによって登校日数が少ないながらも、しっかりと学習できます。

3

ライフスタイルに合わせたコース

学習スタイルに合わせたコース

自分のライフスタイルに合わせたコースが選択できます。

4

充実した教育環境

充実した教育環境

全国の協力校により北海道から沖縄までスクーリング会場が充実。教育環境が整っていますので、自分の学びに集中して打ち込むことができます。

5

生徒に寄り添うサポート体制

生徒に寄り添うサポート体制

学習面のサポートだけでなく、心のサポートが充実していることもN学の特長の1つです。悩みを気軽に相談できる環境を整えています。

6

安心の学費

安心の学費

補習等による追加費用もありません。支援金などの制度も申請できます。

7

細やかな進路指導

細やかな進路指導

卒業後の進路について生徒に合った指導を行います。

NHK高校講座との連動

「NHK高校講座」が自宅での授業

「NHK高校講座」を視聴することによって、登校日数が一般の通信制高校の約半分になっています。NHKのEテレやラジオ第2で放送している「NHK高校講座」を視聴します。放送は番組のHPでも配信されていますので、ネットで視聴することもできます。

繰り返し学習やネットでの理解度チェックが充実

事前に番組HPの学習メモでポイントをつかむ

事前に番組HPの学習メモでポイントをつかむ

学習メモには、番組の注目ポイントがわかりやすく整理されています。
メモ欄つきのPDFで作成されていますので印刷し、番組を視聴して重要だと思ったところを書きとめながら学習を進めることができます。毎回ファイルしておくと、終了したときにはその科目のノートが完成します。

番組HPでチャプターごとに繰り返し視聴が可能

番組HPでチャプターごとに繰り返し視聴が可能

番組の長さは1本20分が基本。
あいた時間を有効に活用して学習を進めるのに役立つのが、チャプターごとの視聴です。番組を項目ごとにまとめてあるので、きりのいいところで視聴を中断、都合のいいときに再開できます。疑問点をあらためて見直すときにも便利な機能です。

番組を見た後は番組HPの理解度チェックで内容を再確認

番組を見た後は番組HPの理解度チェックで内容を再確認

各回の基本的な内容が理解できたか確かめる選択式の問題です。
正解表示画面から問題に対する番組チャプターにリンクしますから、間違ったところをすばやく復習することができます。
レポート課題に取り組む前のウォーム・アップにやってみましょう。

NHKが設立した学校ならではの特別講座

これまでに、NHK記者やキャスターとして知られる池上彰さん、NHK気象キャスターの平井信行さん、声優の中尾隆聖さん、N学卒業生で落語家の林家きく姫さん、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さん、作家の重松清さん、世界的オペラ歌手の天羽明惠さん。2019年は生物学者の福岡伸一さんの予定です。

特別講座は「総合学習」や独自科目「メディアラーニング」として学べます。
※特別講座の内容は全国の協力校にも配信しています。

N学のススメ N学アドバイザー 尾木 直樹(尾木ママ)

N学のススメ
N学アドバイザー 尾木 直樹(尾木ママ)

今日ある多様な通信制高校の中でもNHK学園は、歴史と伝統に満ちた最も「学校らしい学校」と言えます。

「こころの時代の教育を拓く!」ために、何と入学時の面接のときから生徒の実情を考えるといいますから、徹底して子供に寄り添っています。入学後も個々人に合わせたコース設定と、日々のきめ細かな学習、生活、心へのサポートがゆき届き、「安心」に満ちた学校です。これまで苦難を逆にバネにして、思いっきり成長し、未来への可能性を切り拓くことができる学び舎と言えます。

特別講座実施実績

天羽明惠

天羽明惠

(オペラ歌手)

重松清

重松清

(作家)

池上彰

池上彰

(ジャーナリスト)

中尾隆聖

中尾隆聖

(声優・俳優)

guest_nakao.jpg

林家きく姫

(落語家)

平井信行

平井信行

(NHK気象キャスター)

教育理念

学習意欲のある人に対して、のびのびと学習できる機会を提供し、自ら学ぶ意欲と自主性を高め、社会の変化に自ら対応できる人間を育成します。
生徒一人ひとりの個性を尊重し、一人ひとりに応じて柔軟に指導しながら、基礎的な学力と豊かな人間性が身につくことをめざします。

学校長からのあいさつ

未来を生きるあなたは日本の「宝もの」です

ロケットで月旅行に行ったり、職場の隣の机でAIが仕事をしたりしている。

近い将来、こんなことがおこるかもしれません。あなたは、これまでのオトナが経験したことがない時代をつくりあげ、生きていくことになります。これからの未来を支えるあなたは、だからこそ、日本の「宝もの」だと私たちは考えています。

N学は、あなたの「学びたい」を応援します

N学は、1962年、NHKが設立した日本で最初の広域通信制高校です。56年の歴史の中で、7万人を越える卒業生を送り出しました。大学進学後教師になった方、会社の経営者、早々と自分の道を決めたJリーガーやバレリーナ、ひきこもりの時の経験をいかして好きなゲームの道に進んだクリエイター・・・まさに「人生いろいろ」です。

選んだ道にたどりつくために、あなたが身に付けなければならない「力」はそれぞれです。その力を獲得するために、N学は学校をあげて生徒一人一人を応援しています。安心していらしてください。

N学で、あなたらしい学習を始めませんか?

N学の学びはテレビ・ラジオの「NHK高校講座」を視聴して勉強する「自学自習」です。自分で時間割をつくり、レポートを提出して試験に合格して単位を修得します。ある意味、大学のようなスタイルです。レールが敷かれていた中学校とは違います。自由である半面、自律していることが求められます。それをやりとおして卒業を手にしたとき、あなたは、新しいミライを「生きぬく力」の土台を獲得できます。さあ、あなたにしかできない学習を始めませんか?

NHK学園高等学校 校長

NHK学園高等学校 校長
篠原 朋子

「最高のぼくら」~NHK学園高等学校 校歌~

2018年4月、N学の校歌が新しくなりました。作詞家松本隆さんが紫綬褒章受賞後最初にかいてくださったのが、この校歌です。
さぁ、今度は、あなたがこの歌を歌う番です。

沿革

1953
(昭和28)年

NHKラジオで「通信高校講座」放送開始

1960
(昭和35)年

NHK教育テレビ(現Eテレ)で「通信高校講座」放送開始

1962
(昭和37)年

学校法人日本放送協会学園(NHK学園)の設置認可される

1963
(昭和38)年

東京・国立市に日本放送協会学園高等学校(NHK学園高等学校)開校、放送利用を前提とした日本最初の広域通信制高等学校となる

1988
(昭和63)年

高等学校専攻科・社会福祉コース開設

1989
(平成 元)年

通信制高校が3年間で卒業可能に

1999
(平成11)年

東京本校の新校舎完成

2003
(平成15)年

ネット学習の本格運用開始

2004
(平成16)年

文部科学省の「研究開発学校」に指定された「Do it コース(※1)」を開設

2009
(平成21)年

「e コース(※2)」を開設

2011
(平成23)年

「海外e コース(※3)」を開設

2012
(平成24)年

創立50周年記念式典を挙行

2015
(平成27)年

「登校コース」を開設

2016
(平成28)年

「総合教育相談・学習支援センター」を開設

2018
(平成30)年

校名をNHK学園高等学校に改称し、新校歌制定

※1 2016年度より「ネット学習 Do itコース」と改称
※2 2016年度より「ネット学習コース」と改称
※3 2016年度より「ネット学習 海外コース」と改称