はじめての古文書

まったく初めてでも古文書が読めるようになります!

提出回数
4回
受講期間(無料延長期間)
6か月(6か月)
受講料(税込み)
27,500円
レベル
初めての方

平成元年開講のNHK学園古文書講座。 長年の指導経験で培ったノウハウを最大限に生かし、初心者向けに開講したのが、「はじめての古文書」です。 古文書独特の言いまわしや文体、くずし字解読のポイントを5つのステップで無理なくマスター。 取り組むうちに知らず知らず力がつく教材とていねいな添削指導。 古文書初心者が躓くポイントをしっかり押さえた指導で着実に力をつけます。

この講座のポイント

古文書に興味があれば、どなたでもはじめられます!

1

はじめてでもわかりやすいテキスト

古文書の形式として、よく出てくる語句や決まり文句を習熟することに主眼を置いたドリル形式のテキスト。くずし字を読み解くポイントを分かりやすく解説した「くずし字解読のツボ」が特にわかりやすいと好評です。

2

初心者が古文書に親しみをもてる参考文書集

テキストも合わせて、約30点の武家や公家、商人などの幅広い人々の文書を掲載!歴史を学び取る史料として興味深いものが、たくさん揃っています。古文書解読を楽しむための基礎知識も豊富。楽しみが広がります。

3

4回のリポート課題で確実な力をつけていきます

リポート課題となっている文書は、テキスト各章で学んだ古文書と対応。学んだ知識をすぐに実践で生かして定着させます。

4

直接指導が受けられる夏期集中スクーリングも実施

毎年開催される古文書の直接指導の場です!初心者向け教室も開催しますので、ぜひご参加ください!(希望者のみ、参加費別途)

講師からのメッセージ

古文書講座専任講師 笠原 綾

古文書講座専任講師 笠原 綾

古文書を読むことはとても楽しいことです。皆さまに少しでも早くその楽しさを味わっていただきたくて、効果的な学習方法を模索した結果、生み出されたのが「はじめての古文書」です。まずは挑戦してみてください。添削で力の限り応援します。

添削例

受講者の声・作品紹介

楽しくてあっという間に最終回まで提出してしまいました

退職後、前々から興味のあった古文書の学習にトライしました。学習を通して江戸時代の生活の様子がよくわかり、楽しくてあっという間に最終回まで提出してしまいました。毎回ていねいな添削をしていただきありがとうございます。

受講歴:

兵庫県   青野 康子さん

新しい世界が確実に開いたことを実感した瞬間でした

地元の郷土資料館に展示してある古文書の最初の一行を何気なく読み始めたところ、なんとすらすら読めたのです。この講座で学んだばかりの見出し文から始まっており、その後に続く本文も正確でないにしても意味が通じ、年甲斐もなく興奮しました。新しい世界が確実に開いたことを実感した瞬間でした。

受講歴:

千葉県   長井 芳男さん

実家に残された江戸期の書付が読めるようになるのが目標です

最初は三割程度しか判読できなかった文書が、何度も挑戦していくうちに、霧が晴れるように判明していくのが快感でした。この講座を通じて、古文書解読力を付け、実家に残された江戸期の書付が読めるようになるのが目標です。

受講歴:

大阪府   門 謙二郎さん

家に残る古文書がきかっけで始めました

家に残る文書の整理で、多くの古文書が出てきたことをきっかけに、この講座で学習を開始しました。知識ゼロからでしたが、確実なステップで構成されている教材と、色々な質問にていねいに答えてくれる添削講師の先生に感謝しています。

受講歴:

福島県   狭山 久子さん

定年退職をきっかけに、この講座を受講しました

60歳の定年退職をきっかけに、この講座を受講しました。東海道五十三次を徒歩で制覇にもチャレンジしていますが、高札場跡にある「定」をすらすら読めるようになりたいです。また、地元の博物館に未解読の古文書が多くあるので、その解読のお手伝いができるようになりたいです。

受講歴:

埼玉県   稲井 隆さん

コース紹介

はじめての古文書

古文書をはじめて学ばれる方のための講座です。ドリル形式のテキストと詳細なくずし字解説で、古文書解読の基本を段階的に無理なくマスターできます。

提出回数
4回
受講期間(無料延長期間)
6か月(6か月)
受講料(税込み)
27,500円
コース番号
4H101
教材

テキスト「読んでみよう古文書」1冊、サブテキスト「古文書の世界」1冊、リポート課題セット