NHK学園トップページ > 福祉教育 > 介護福祉士 実務者研修コース

介護福祉士 実務者研修コース

介護福祉士国家試験受験のために、実務に加えて研修が必要となりました

平成27年1月の国家試験までに実務経験3年を満たせない場合は、実務経験のみでは介護福祉士国家試験を受けられなくなります。
平成28年1月実施の介護福祉士国家試験を実務経験で受ける全ての人に、450時間の研修修了が必須となります。

実務者研修コースの特徴~平成27年1月の国家試験を受験する人にもメリット!~

1月入学の方は、平成27年1月の実技試験が免除になります。

※平成28年1月の国家試験以降、実務経験3年+実務者研修修了の受験者には実技試験が課せられません。

実務と並行して学べます

研修は介護の実務に就きながら、あるいは3年の実務後、いずれの段階でも受講が可能です。

サービス提供責任者として活躍できます

実務者研修修了者は介護報酬の減算対象とはなりません。

早めにスタートし、国家試験の準備を!

この実務者研修には7日間(介護課程III+医療的ケア)の演習(面接授業)も含まれています。働きながら7日間の演習に通学するには仕事の調整が必要です。早めに研修を開始し、国家試験に備えましょう。

平成24年度介護保険法改正での介護報酬改定によると・・・・・

(1)サービス提供責任者配置減算除外
ホームヘルパー2級でサービス提供責任者の業務を行う際には減算の対象となりました。(介護職員基礎研修修了者、介護福祉士の取得者、実務者研修修了者は減算対象外)

(2)特定事業所加算III
算定要件に重度要介護者対応「たんの吸引等が必要な者」が加わりました。その人材要件に「実務者研修修了者」が加えられています。

利用者の状況に的確に対応できる専門職として、スキルアップとともに介護職の質の向上を図り、介護現場で生きる資格を目指します。