生徒の声

NHK学園高等学校には、様々な思いを持って入学し、共に高校卒業という目標に向かって学んでいる仲間がいます。
実際にNHK学園高等学校で学習している生徒の声をきいてみてください。

N学で自由な時間はすべて陸上へ

(弱視のアスリート 目標はリオ)

N学を選んだのは、自分の自由になる時間が多く、陸上競技に本格的に取り組むのに適しているからと考えたからです。もちろん部活も陸上部で、顧問の盛田先生や中松先生、それに仲間と近くの大学でグラウンドに遠征して練習しています。いま一番の目標は、2016年にリオデジャネイロで開催されるパラリンピックに出場すること。そしていずれはオリンピックが夢です。応援よろしくお願します。

バレエ留学が決まり、
勉強もしっかり続けたいと思ってN学に入学を決めました。

(ドイツ シュツットガルドのジョン・クランコバレエスクールに留学中)

私がバレエと出会ったのは、6歳のときでした。いまは舞台に立ちいろいろな役柄を演じ、踊り、お客様と感動を共有できる素晴らしい芸術に魅かれて、海外のバレエカンパニーに所属するのが夢です。希望していたドイツでのバレエ留学が決まり、勉強もしっかり続けたいと思ってN学に入学を決めました。N学のメリットはたくさんあります。教材が工夫されているので学習したことがしっかり頭に入ること、忙しくてもレッスンとレッスンのあいだなどに効率よく学習ができること、そのうえ年1回で済む集中スクーリングは本当に助かります。

ぜひN学に入って楽しく思い出に残る学校生活を送りましょう。

(登校コース 一期生)

私は部活動をしたり友達を作ったりして、楽しい高校生活を送りたいと思って登校コースを選び入学しました。
週3回なのでアルバイト、部活、自分の時間などと両立できます。勉強面では授業で分からない所や難しい所は放課後の時間を使って先生が教えてくれるので、リポートも進められます。行事は学園祭、運動会など色々あります。部活動は運動部も文化部もいろいろあり、年齢に関係なく活動しています。ぜひN学に入って楽しく思い出に残る学校生活を送りましょう。

3年で卒業できて先生や学校の雰囲気もよさそうだったので、
N学に移ることにしました。

(トロンボーン命! 演奏家をめざす)

以前いた高校では勉強が忙しく、大好きなトロンボーンに十分打ち込めませんでした。3年で卒業できて先生や学校の雰囲気もよさそうだったので、N学に移ることにしました。この学校は、時間の使い方がすごく自由なので、授業がない日は好きなだけ楽器を吹いたり音楽の勉強ができるので、有意義に過ごすことができます。オーケストラのトロンボーン奏者として素敵なプレーヤーになることで、家族の期待に応えたいです。

夢は声優!

(岩手・杜陵協力校 闘病期間を経てN学へ入学)

僕はもともと、地元の別の高校に通っていました。ですが、1年生の5月頃から、全身の関節に強い痛みを感じ、一時はよくなったものの再発し、ベッドの上で過ごす日々が日常となりました。そのような状態で夢中になることが出来たのは、小説や文章の朗読でした。闘病期間の登校は難しかったため、N学にお世話になることにしました。今は症状も収まり、健康になりましたので、郵便局でアルバイトしながらスクーリングに通っています。N学では、幅広い世代の仲間と温かい雰囲気の中で学んでいます。「朗読の大会に出たい」という思いを先生に打ち明けてから、電話や学校のインターネットスペースを利用して、先生と一緒に朗読の練習を続けています。

自分のペースで学びたいからN学に決めました。

(まんが部部長 イラストの仕事がしたい)

前にいた高校を休みがちになったときに、もう少し自分のペースで学びたい、と思ったのがN学に転学したきっかけです。インターネットなどで調べていてこの学校と出会い、雰囲気などから自分に合うと思い決めました。N学では、まんが部に入部しています。2014年に高知で開催された『まんが甲子園』に出場できたのは”事件”でした。スカウトに来たプロの方に声をかけてもらい、やりとりをするなかでアドバイスをもらったことがかけがえのない経験になりました。将来は、イラスト関係の仕事ができたらと考えています。

(2015年2月現在)