『聴こえないこと』についての講演会!② ―参加生徒の感想

  • 東京本校

宮本さんご夫妻のお話について、生徒のみなさんの感想を抜粋・要約してご紹介します。

「手話が大好きな私にとって、とても楽しかったです。たくさん大変なことがあっても、それを乗り越える精神があればいいのだと、元気が出ました! 私も障がいを持っているので、そういう考え方にしようと明るくなれました! 最後に、私の下手な手話でも喜んでもらえてうれしかったです!」

「あきらめずにがんばり続けたのが、すごいなと感じました。それと、自分のトラウマや嫌だったことをこういう場所で堂々と言えるということは、やはり心がとても強いんだなと思いました。耳が聴こえないというのは単純な問題ではないけれど、思っていたよりも多くの可能性があるのだと、わかりました」

「ピアノを細かいところまで丁寧に弾いていて、まどかさんはとてもピアノが好きなんだなあ、と思いました。お話の表現も豊かで、障がいを乗り越えたのがすごいと思いました。今度どこかで機会があれば、今日教えてくださった手話を使おうと思います」

「本日はありがとうございました。今後、耳の聴こえない人や障がい者について理解を深めていくことが大事だと思いました。ピアノの音は、普段耳にする曲より何十倍もいい音に聞こえました。とても心に響く曲で、気持ちが伝わってきました。本当に今日は大変に勉強になることが多く、よかったです。この公園によって、自分の考えを進めていけたらと思います。あらためて、ありがとうございました」

お二人のメッセージは、生徒のみなさんに十分伝わったようです。

貴重な機会をいただき、心からお礼申し上げます。

一覧に戻る