伊達悠太(広島国泰寺集中生) 全日本GP-3クラス最終戦を制し、シリーズチャンピオン獲得!

  • 総合

N学生徒の伊達悠太さん(広島国泰寺集中生)と太田虎之進さん(東京本校火曜日生)は、プロのオートバイレーサーとして活躍しています。
 この二人が、三重県鈴鹿サーキットで、今シーズン最終戦となる第49回MFJグランプリ(11/4~5)のJGP-3クラスに参戦しました。
 伊達さんは今シーズンここまで5戦してランキング2位、このレースに年間のシリーズチャンピオンがかかっていました。4日の予選でのスターティンググリッドは、伊達さんが6番手、太田さんが12番手と、このままではランキングが低下してしまう危機も・・・。
 しかし、5日の決勝では2人は頑張りました。とくに伊達さんはスタート当初は7番手と不安の滑り出しでしたが、あっという間にトップ争いに加わり最終ラップの最終シケインでトップにたち、そのままゴール。見事な走りで優勝!シリーズチャンピオンを獲得しました。一方の太田さんも17番手まで順位を落としながら、ねばり強い走りで10位に食い込む健闘を見せました。

↑伊達悠太さん

↑太田虎之進さん
  レース後、ピットウォークが行われ、そこで盛り上がる伊達くんのピットにポイントで首位争いをしていた大先輩の小室選手がチャンピオンの祝福に訪れた際、伊達くんはまたがっていたバイクを直ぐに降りて直立をして祝福を受けている様子がとてもスポーツマンらしく好感を覚えました。 

↑小室先輩の祝福を受ける伊達さん

彼らは今年度卒業予定ですが、卒業後も応援していきたい注目選手です。

最速高校生コンビ

 

一覧に戻る