登校コース 防災訓練

  • 東京本校

9月15日(金)13:10から、立川消防署の方々を招いて実施しました。

訓練の冒頭、校長先生より、「地震はいつ起こるか分からない。」というお話があり、みんな真剣に訓練・体験に取り組みました。まずは、消防署の方の講話を聞いた後、教室に煙を充満させて視界が悪い中を移動する煙体験と、起震車による震度7の揺れを体験しました。以下、参加した生徒の声をいくつか紹介します。

「煙の体験では、むせてしまってせきがでたんですけど、本当の火災の時はもっと苦しいんだろうなあと思いました。」

「震度7本当にヤバイ。立てない。今のうちに地震に備えておかなきゃいけないと感じた。」

「この経験を、災害がいざ起こったときに生かしたいと思います。」

一覧に戻る