高卒資格 と 高認試験資格(高等学校卒業程度認定試験資格)どこがちがう?

高卒資格

文字通り高等学校を卒業した人に与えられる資格です。
その条件は、

  • 全日制なら3年以上、定時制なら4年以上。
    通信制の高校の場合はその学校が決めた3年以上の期間、在学する必要があります。
    N学では3年以上ですが、4年以上に設定している通信制高校もあります。
  • 必修科目を含む教科・科目を履修し、74単位以上を修得すること。

高卒資格は、大学をはじめとする上級学校やさまざまな職業につながる専門スキルにかかわる試験を受けることができる資格です。

高認試験資格

様々な理由で高等学校を卒業しなかった人が、高等学校卒業程度認定試験に合格すると、高校卒業と同等以上の学力があると認められる資格です。
やはり大学をはじめとする上級学校やさまざまな職業につながる専門スキルにかかわる試験を受けることができます。
求められるすべての教科・科目にすべて合格しなければ、得られない資格です。
また、

上級学校へ進学しない場合には最終学歴は『中学校卒業』となります。

そのため就職等の際に、不利になるケースもあるといわれています。

N学と【高卒資格】【高認試験資格】

N学(NHK学園高等学校)は、 学校教育法に基づき東京都の認可を受けた広域通信制高校ですから、 生徒たちは高校卒業資格を目ざすのが基本です。 けれども、 高認試験資格の獲得にむけて努力している人の学習を補完することもできます。

【高卒資格】と【高認試験資格】の進路

ケースA 高認試験を受けているが、どうしても合格しない苦手な教科・科目がある

N学に入学し、苦手な教科・科目だけ履修して単位を修得すると、高認試験に合格したものとみなされ資格獲得に前進することができます。

ケースB これまで高認資格を目ざしてきたが、やはり高卒資格が欲しい

高認試験で合格した教科・科目については、N学の修得単位として31単位まで認められ履修が免除されます。これまでの成果を生かし少ない負担で、高卒資格を目ざすことができます。

※ただし、免除科目が4科目以上あると、大学入学等の推薦は受けられません。
※1年間に免除できる科目数には限度があります。

N学は、学ぶ人の身になって考えます。ぜひご相談ください。