写真

無料案内書請求はこちら

押せば写る。デジタルカメラで、誰でも手軽に写真を撮ることができるようになりました。
しかし、感動的な、満足いく写真を撮ることはやさしくはありません。カメラの機能を使いこなし、撮影テクニックを学習することで、もっと満足のいくすばらしい写真を撮ることができます。自分で撮った写真に、率直な質問・疑問を添えて送り、プロのカメラマンからのアドバイスを受ける… いわば“マンツーマン”が通信講座ならではの上達方法です。

  • この講座のポイント

    110年、20年後に感動を伝える写真を撮る
    デジタル時代の今こそ、カメラの機能やテクニックを知れば知るほど満足のいくすばらしい写真を撮ることができます。時代を超えて魅力のある写真を撮る技術が身につきます。
    2プロの写真家に質問していく学習法
    「なぜ満足できない写真になったのか?」「もっと良い写真を撮るためはどうしたら良いのか?」率直な質問をプロの写真家にぶつけ答えてもらう。通信講座ならではのマンツーマンの指導によって上達していきます。
    3直接指導の機会もたっぷりあります
    直接講師の指導を受けられる1日スクーリング(日帰り企画)と学習の旅(宿泊企画)もあります。講評会では、他の参加者の写真を見て講評を聞くことも大変勉強になります。(参加費は通信講座とは別途)
    4作品展への参加はすばらしい経験です
    夏と冬の年2回、「生涯学習写真展」を開催しています。成果を発表する絶好の機会で、参加した喜びは格別です。大きな目標・励みになります。ぜひご参加ください。

    まずは、たくさんの写真を撮ってみましょう。みなさんの作品をお待ちしております

    ▲まずは、たくさんの写真を撮ってみましょう。みなさんの作品をお待ちしております

    受講者の作品や声、講師からのアドバイスを掲載したフルカラーの機関誌

    ▲受講者の作品や声、講師からのアドバイスを掲載したフルカラーの機関誌

    この講座のお申し込みにあたって

    ●受講料のお支払いは、教材到着後、お近くのコンビニ、郵便局、銀行からのお支払い(アト払い)が選べます。 ※詳細はこちら

    ●教材到着後、未使用で10日以内なら 受講キャンセル(返品)ができます。 ※詳細はこちら

  • 添削例・講師のことば

    講師のことば

    茅野 義博(ちの よしひろ)

    写真講座講師 茅野 義博(ちの よしひろ)

    いま世界中どこへ行っても、写真はスマートフォンなどの携帯端末での利用が多数派、写真をプリントして見せることが基本であった時代はいつのまにか遠ざかり、空中を飛び交う撮影データがモニターを介して映しだされるのが普通な時代を迎えています。しかし、「写真はデジタル」が当たり前になっても、写真の魅力や狙い通りに撮ることのハードルの高さにはあまり変わりがありません。
    自分の写真に物足りなさを感じたら、その打開策の第一歩としてNHK学園の写真講座を視野に入れてみましょう。毎回講座に通わなくても、自分の写真を学園に送れば撮影のヒントが返ってきます。複数の添削担当者からの視点の異なるアドバイスを受けることで、撮影技術や被写体を見る目が成長してきます。写真の楽しさ、写真で伝えることの面白さに目覚めると生活の充実感も上昇、まず一歩を踏み出すことで新しい世界の扉が開きます。

    プロフィール

    女子美術大学教授、日本写真家協会会員。著書:『高尾山(写真集)』『高尾山自然観察ガイド』(山と渓谷社)、『写真上達のコツ 実践編』(NHK学園)など。

    添削例

    写真はどんな世代でも楽しめる趣味です。撮影のちょっとしたコツを知ることで、あなたの写真は一味違ったものとなります。講師によるアドバイスはどれも知って得するものばかり。講座はデジタルカメラ・フイルムカメラ両方に対応しています。

    添削例

    入門編・実践編 添削例 1

    添削例

    入門編・実践編 添削例 2

    「写真上達のコツ 入門編」課題例

    1.花を写す

    課題例

    広角レンズ、望遠レンズ、マクロレンズを使って、晴れの日の花、雨の日の花など、花をきれいに撮るコツを学びます。

    2.人・家族を写す

    課題例

    残しておきたい人の写真、家族の思い出など自然なシャッターチャンスで表情をうまく捉える方法を学びます。

    3.風景を写す

    課題例

    広角レンズ、望遠レンズの使い方、フレーミングについて学びます。広大な自然風景を一味違った写真に仕上げます。

    4.旅を写す

    課題例

    旅先での目新しい風景との出会いなど、思い出に残る写真を上手く撮るコツを学習します。

    5.身近な動物を写す

    課題例

    動きのある動物を撮影する方法を学びます。かわいい動物の写真がきれいに撮れるようになるでしょう。

    6.街を写す

    課題例

    街はさまざまな被写体にあふれています。目の前に存在する風景も刻々と変わる、街をきれいに撮る方法を学びます。

    7.朝日・夕日を写す

    課題例

    日の出、日の入りの色づいた光や雰囲気を撮る方法を学びます。

    8.夜景・祭り・花火を写す

    課題例

    夜景や祭りはその場の雰囲気を残すのが難しいシーン。花火の簡単な写し方などコツを学習します。

コース紹介

▼プロが答える写真上達のコツ 入門編 

花を写す・動物など動くものを撮るなど、状況に応じた撮影方法をわかりやすく解説した教材で学習します。添削指導は1回につき2作品送れます。教材で学習する花・動物・夜景など8つのテーマで撮った写真でも、ご自身の撮り溜めた写真でもプロの写真家が添削をいたします。

テキスト1冊、学習のてびき1冊、サブテキスト「デジタルカメラ初心者のための基本ワザ教えます」1冊、添削ノート1冊、課題作品提出票5枚、提出用封筒5枚、機関誌(別送)

プロが答える写真上達のコツ 入門編

添削回数

受講期間(無料延長期間)

受講料(税込み)

コース番号

5回 6か月(6か月) 30,500円 6A203A

受講のお申し込みはこちら

▼プロが答える写真上達のコツ 実践編

撮影の基本技術が身についているが、表現力に一層の磨きをかけたい方や、より積極的に自分の感性でとらえ個性豊かな写真を目指したい方のコースです。1回につき2作品を送れます。また、通常の添削のほか、トリミング前後の写真を送っていただければ、トリミング添削もいたします。

学習のてびき1冊、添削ノート、課題作品提出票5枚、提出用封筒5枚、機関誌(別送)

添削回数

受講期間(無料延長期間)

受講料(税込み)

コース番号

5回 6か月(6か月) 29,500円 6A204N

受講のお申し込みはこちら

▼プロが答える写真上達のコツ 実践編 参考図書付きコース

参考図書「世界一受けたい写真のアドバイス」(玄光社)付きのコースです。

学習のてびき1冊、添削ノート、課題作品提出票5枚、提出用封筒5枚、機関誌(別送)、参考図書

添削回数

受講期間(無料延長期間)

受講料(税込み)

コース番号

5回 6か月(6か月) 31,000円 6A204A

受講のお申し込みはこちら

▼カメラメイト

コンクール気分で写真を楽しむコースです。年4回の作品コンテストに参加していただき、競い合います。コンテストの審査員は写真界の第一線で活躍中のプロ写真家4人があたります。上位入賞者の作品は、機関紙「カメラメイト」に掲載されます。また、年に一度年間大賞も発表されます。他コースとの併用も可能な上級コースです。
※「カメラメイト」は自動継続のコースです。受講期間の1年間を終了したあと、あらためて受講の申し込みをしなくても自動的に継続できます。

コンテスト提出セット、撮影記録用紙1冊、機関誌(別送)

添削回数

受講期間

受講料(税込み)

コース番号

4回 1年 24,000円 6A006

受講のお申し込みはこちら

▼レタッチコース

デジタルの写真データをご自身で調整して、理想の写真に仕上げるレタッチ。このコースでは「Adobe Photoshop」を利用した色調補正に関するレタッチを4つのテーマから学べます。
※ご受講は「Adobe Photoshop」又は、「Adobe Photoshop Elements」をご利用いただける方に限らせていただきます。

学習のてびき 1冊、課題用CD 1枚、提出用ブランクCD 2枚、リポート提出用ホルダー 1部、リポート提出票 2枚、リポート提出用封筒 2枚、機関誌(別送)

添削回数

受講期間(無料延長期間)

受講料(税込み)

コース番号

2回 3か月(3か月) 11,000円 6A301-A

受講のお申し込みはこちら

▼レタッチコース(写真講座受講者向け)

NHK学園写真講座のいずれかのコースを受講中、または受講経験のある方(申込み時より3年以内)が対象のコースです。学習内容は「レタッチコース」と同様です。

学習のてびき 1冊、課題用CD 1枚、提出用ブランクCD 2枚、リポート提出用ホルダー 1部、リポート提出票 2枚、リポート提出封筒 2枚、機関紙(別送)

添削回数

受講期間(無料延長期間)

受講料(税込み)

コース番号

2回 3か月(3か月) 10,000円 6A301-N

受講のお申し込みはこちら

写真展の作品を見る

全講座一覧へ戻る