生涯学習通信講座 > 全講座一覧 > クセ字はなおる! 基礎からのボールペン字

クセ字はなおる! 基礎からのボールペン字

無料案内書請求はこちら

受講される立場で考え、クセ字を本気でなおす講座を作りました!

DVD教材の映像で文字を書くリズムや手の動かし方などのポイントを'手に取るように'学習できるので、理解が深まります!

さらに、リポート課題の添削指導により、自分では気づきにくい文字のクセを知り、美しく直すためのアドバイスを受けることができます。
この講座で美文字への第一歩を踏み出してみませんか。

こちらから講座の紹介動画をご覧いただけます。

動画を再生する

画像をクリックすると、テキスト・ワークブックの見本ページをPDFでご覧いただけます。

▲テキストサンプルページ ▲ワークブックサンプルページ
  • この講座のポイント

    1DVDの映像を見ると、思わず書いてみたくなる!
    講座監修の和田康子先生がポイントを押さえながら解説します。ペン運びのリズムや手の動きの緩急は、映像だからこそ伝えられるテクニック!先生の手元アップの映像を見ながら学習することで、より理解が深まります。
    DVD教材で講師の手元をじっくり観察
    ▲DVD教材で手元をじっくり観察!ポイントを押さえましょう!
    2自分のクセを知ることが上達の近道!
    第1回目のリポート課題「紙上カルテ」で講師が自分ではわかりにくいあなたのクセ字の傾向をチェックし、個別にアドバイスいたします。
    自筆のクセを意識して練習することで、一層効果があがります。
    (添削は全6回)
    文字カルテで自分のクセをチェック
    ▲紙上カルテで自分のクセをチェック!
    3「ひらがな」から学習スタート!
    文章の70~80%はひらがなで書かれており、それが整うと文章全体が見栄えよくなります。5分類した外形(文字の大まかな形)ごとに練習し、美しい文字の形を確実にモノにします。
    ひらがな46文字を外形別に書きます。
    4“おさらい”コーナーで苦手な文字を克服!
    リポート課題が返送されても、そのままにしていませんか?
    実は、添削指導された苦手な文字を、どれだけ復習したかによって上達度は違ってきます。リポートやワークブックに設けた「おさらいコーナー」で復習し、次のリポート課題でもう一度書いて弱点克服!
    5お申し込みの方に2大プレゼント!
    ほかでは入手できない学園のオリジナル
    ・おなまえお手本
    受講をお申込みの方には、NHK学園の講師が心をこめて清書した「おなまえお手本」をプレゼントいたします。硬質トレーシングペーパーに書きますので、自筆文字と重ねると、なおすところが一目瞭然!
    ※別途、申込書あり。受付から約1ヶ月でお届け。

    ▲縦書き・横書き、行書、楷書の組み合わせは自由!
    ・ひらがな完全マスター(下敷き)
    受講をお申込みの方全員に、もれなくホワイドボード加工した下敷きをプレゼント。あわせてお届けする“ホワイトボード用ペン”で何回も書いては消し、繰り返し書いて練習することが出来ます。裏面には、日ごろよく使う語句や文例を集めました。
    「おなまえ手本」「ひらがな完全マスター(下敷き)」プレゼントのご案内
    6こんな方におすすめ
    ・長年のクセ字をなおしたい方
    ・自信をもって字が書けるようになりたい方
    ・整った書き方をきちんと学びたい方
    ・見栄えのよい文字を書きたい方

    この講座のお申し込みにあたって

    ●受講料のお支払いは、教材到着後、お近くのコンビニ、郵便局、銀行からのお支払い(アト払い)が選べます。 ※詳細はこちら

    ●教材到着後、未使用で10日以内なら 受講キャンセル(返品)ができます。 ※詳細はこちら

  • 添削例・講師のことば

    監修者から ~ 和田康子(わだ やすこ)

    ~ 美しい手書き文字を見て、違いを知って、繰り返し練習することが大切 ~


    ついてしまったクセ字は、どうしたらなおすことが出来るのでしょうか。
    一番大切なことは、「美しく書かれた手書き文字を見る」ことです。ただ、見るだけではいけません。
    どの文字も、長さや方向、空き、筆順など、細かく確認して、読み取ることが必要です。
    そして、自分の書いている文字と、どのように違うのか、それがきちんと把握できなければ、美しい文字には近づけません。「違いをきちんと知って、練習を繰り返し、しっかり身につける。」そうすれば、必ず、クセ字はなおります。今回、この講座では、とくに日本語表記で書くことの多いひらがなをそれぞれの外形に注目して覚えるという内容になっています。日常では、活字が溢れかえり、目指すべき手書きされた美しい文字を目にする機会が少なくなっています。ぜひ、この講座を通して、手書き文字を見つめなおし、どのように書けばよいのかを確認し、覚えて、克服してください。そのお手伝いが少しでもできれば幸いです。

    プロフィール

    5歳ごろより祖父、川内悠渓先生の手習いを受ける。藤田金治先生に師事し、現在、毛筆・硬筆指導をはじめ、題字揮毫ならびに国内外の書展にて幅広く活動。NHK学園「くらしのつづけ字」講座監修・手本執筆ならびに「ペン字友の会」講座手本執筆。『ペン字練習帳』シリーズ(新星出版社)、『はじめてのペン字練習帳』(成美堂出版)、『書き込み式ボールペン字』シリーズ(主婦と生活社) ほか著書多数。

    添削例

    講師が丁寧に赤字で添削をし、より上達するための指導をするのはもちろん、質問や感想にも毎回しっかりお答えします。添削例を一部、ご紹介します。(※画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。)

    ▲第1回リポート課題
    (住所・氏名)
    ▲第2回リポート課題
    (ひらがなの熟語)
    ▲第4回リポート課題
    (漢字かなまじり文)
    ▲第5回リポート課題
    (ハガキの表面)



    ・第1回リポート課題 紙上カルテ、住所・氏名・外形別ひらがな
    ・第2回リポート課題 ひらがな・カタカナの言葉(縦書・横書)
    ・第3回リポート課題 漢字(単字)、漢字の熟語(縦書・横書)
    ・第4回リポート課題 漢字かな交じり文(縦書・横書)
    ・第5回リポート課題 和封筒の表裏、はがきの表書き、宅急便の伝票
    ・第6回リポート課題 年賀状の添書き、メモ書き、一筆箋、住所・氏名

コース紹介

▼クセ字はなおる!基礎からのボールペン字

テキスト (1冊)、DVD(1枚/約88分)、ワークブック(4冊)、硬筆用ソフト下敷き(1枚)、ボールペン (1本)、しおり 「記号表」(1枚)、リポート課題6回分(1冊)、機関誌 (1冊/別送)ほか

クセ字はなおる!基礎からのボールペン字

添削回数

受講期間(無料延長期間)

受講料(税込み)

コース番号

6回 6か月(9か月) 24,000円 1L301

受講のお申し込みはこちら

全講座一覧へ戻る