NHK学園について 沿革

NHK学園は、世代を超えて学ぶ喜びと感動を提供し、こころ豊かな社会の実現に貢献しています。

学校法人日本放送協会学園(NHK学園)が誕生したのは昭和37(1962)年10月。 以来、放送を教育に利用する通信制高等学校として、地域を支える多くの人たちを社会に送り出してきました。

初代校長の森戸辰男(元文部大臣)が提唱した「終生学習」の理念に基づいて始めた生涯学習通信講座では、今までに延べ600万あまりの人が学んできました。 また、高齢化社会に対応して、介護福祉士や社会福祉士を養成する課程を開設し、今までに約39,000人が修了しています。

このように社会のニーズと期待に支えられて、NHK学園は高等学校、福祉教育、 生涯学習の3つの分野を持つ総合的通信教育機関に発展してきました。しかし、今、 時代は激しく変化しています。進展する少子高齢化や情報と通信の融合、 経済や社会基盤の急激な変革、そのいずれもがNHK学園の将来に大きく関わってきます。

こうした変化に対応するため、NHK学園はネット学習の導入をはじめ、 さまざまな取り組みを行い、「人々から支持される確かな存在」となり得るための基盤を強化しております。

そして、今後も「学習者第一主義」のもと、“世代を超えて学ぶ喜びと感動”を提供し、 次代に生きる力を育む教育文化事業体として、心豊かな社会の実現に貢献してまいります。

 

昭和37年10月1日 学校法人日本放送協会学園(NHK学園)の設立について東京都知事の認可
理事長に阿部真之助(NHK会長)就任
38年4月1日 NHK学園高等学校開校
校長に森戸辰男(元文部大臣・元広島大学学長)就任
全国で69校を協力校として委嘱
5月7日 東京都北多摩郡国立町(現在の東京都国立市)に校舎・宿泊棟竣工
42年3月19日 第1回東京本校卒業証書授与式実施
NHK総合テレビで全国中継放送
NHK学園高等学校同窓会発足
50年6月3日 社会通信教育部発足(生涯学習通信講座開講)
63年4月1日 高等学校専攻科(社会福祉コース)開設
平成元年4月1日 NHK学園高等学校、3年制実施
7年4月1日 専攻科(社会福祉コース)修了者の「介護福祉士」受験資格取得認可
8年12月1日 NHK学園ホームページ開設
11年9月 27日 NHK学園新校舎落成
13年4月1日 社会福祉士養成課程開設
16年4月1日 ネット学習(eラーニング)の本格実施
文部科学省「研究開発学校」に指定される
20年4月1日 高等学校普通科、「単位制」による教育課程に移行
21年4月1日 高等学校普通科、「eコース」実施
23年4月1日 高等学校普通科、「海外eコース」実施
27年4月1日 高等学校普通科、東京本校にて週3日通学する「登校コース」実施


初代理事長 阿部真之助


初代校長 森戸辰男


NHK学園旧校舎


NHK学園新校舎