NHK学園トップページ > NHK学園について

NHK学園について

NHK学園は、世代を超えて学ぶ喜びと感動を提供し、こころ豊かな社会の実現に貢献しています。

学校法人日本放送協会学園(NHK学園)が誕生したのは1962(昭和37)年10月。 以来、放送を教育に利用する通信制高等学校として、地域を支える多くの人たちを社会に送り出してきました。

初代校長の森戸辰男(元文部大臣)が提唱した「終生学習」の理念に基づいて始めた生涯学習通信講座では、今までに延べ500万あまりの人が学んできました。 また、高齢化社会に対応して、介護福祉士や社会福祉士養成課程を開設し、今までに約32,000人が修了しています。

このように社会のニーズと期待に支えられて、NHK学園は高等学校、福祉教育、 生涯学習の3つの分野を持つ総合的通信教育機関に発展してきました。しかし、今、 時代は激しく変化しています。進展する少子高齢化や情報と通信の融合、 経済や社会基盤の急激な変革、そのいずれもがNHK学園の将来に大きく関わってきます。

こうした変化に対応するため、NHK学園はネット学習の導入をはじめ、 さまざまな取り組みを行い、「人々から支持される確かな存在」となり得るための基盤を強化しております。

そして、今後も「学習者第一主義」のもと、“世代を超えて学ぶ喜びと感動”を提供し、 時代に生きる力を育む教育文化事業体として、心豊かな社会の実現に貢献してまいります。